エレクトロニクスビジネスでは誉れ高き、マイク・クリークの父、ボブ・クリークは、ロンドンで、1948-1970年の22年間は、家業としての、Wyndsor Recording Company Ltd. は、リールからリールの、テープレコーダを製造していました。
さらに1970-1978年には、民生用品としてのターンテーブルがあります。1970-1975年の、短い彼の見習期間は、今日のマイク・クリークに反映され、Wyndsorターンテーブルの、大きな道筋となっております。




Wyndsor Phono pre-amp \281,000/税別

最高のパフォーマンスを提供する為、左と右のチャネルは別基板に組み込まれ、さらに各チャネルには、完全に他のチャネルから分離された、専用の電力供給レギュレーションがあります。
アンバランスの入力と出力は、高品位の金メッキRCAソケット経由で接続され、バランスの入力は、専用の3 ピンミニDINソケット経由で、接続が可能です。
トーンアームといくつかのカートリッジは、バランス構成の結線にて、付属のDINプラグにハンダ付けする事が出来ます。
入力選択、カートリッジの読み込み、利得の全をフロントパネルから完璧に調整が可能、リレーは全ての機能のを切り替えるに使用され、専用の高品質でリニアな電源供給部により、アナログのプリアンプ回路から、それらをアイソレーションしています。
フロントパネルの表示は、どのパラメータが選択されているかを示し、マイクロコントローラー制御のインターフェイスは、ロータリー入力セレクターとプッシュボタンを介してアクセスします。
カートリッジ毎に、他のパラメータのいくつかの種類を、プログラムすることができ、ユーザーは、それぞれの名前をメモリ単位に、あらかじめ番号として保存します。
フロントパネルのディスプレーには、最大16文字を記述する事が出来、エントリー毎に、カートリッジの名前が表示され、種類、説明を入力します。さらに、表示の明るさの調整も可能で、完全にオフにも出来ます。
ミュートは、プリアンプの出力をショートしてボリュームをカット、ユーザーがレコードを変更し、再度、ミュートボタンを押して前のレベルに戻るのを助けます。
フォノプリアンプには、新たに開発されたWyndsor電源ユニットにて、アナログとデジタル回路に個別の電源を使用します。
プリアンプのオンオフは、プリアンプの前面スイッチまたは電源ユニットの背面スイッチによって可能。

■利得: 40, 45, 53, 61, 70 dBの5段階ステップ■歪: 0.001%■アンバランス & バランス入力: RCA & ミニDIN■周波数特性: 0.5Hz - 100 kHz (±0. 5 dB)■IECロールオフ(7950us): -3 dB @ 20 Hz , -6 dB @ 10 Hz■ノイズ: -76dB■セパレーション: 76dB■DCオフセット: ±0 .1V■入力キャパシタンス: 100pF, 440pF, 1.1nF, 1.4nF■入力抵抗: 91Ω, 100Ω, 1 kΩ, 33 kΩ, 47 kΩ■最大出力: 10V■Wyndsor電源ユニット: 2 x トロイダル電源トランスと ローノイズレギュレーター■寸法:本体/192W x 195D x 62H(フィート、ノブを含む), 電源ユニット/112W x 63H x 210D■重量:本体/121g, 電源ユニット/150g

Creek Wyndsor Phono Pre-Amp PR.pdf


Wyndsor Analog Player \440,000/税別 £2,000.00 <完了>

クリークの持つ、アナログ再生の卓越した技術を、最大限に発揮させ為にも、ターンテーブルを開発するべきであるという考えは、論理的にも、ユザーの要求に沿った、姿であると同時に、完全な、オーディオシステム形成の範疇に、アナログ製品加えるべく、責務がありました。

高品質な材料を使い、金属かアクリルを、最初に削り出す、ずっと前の、2007年の秋、マイク・クリークによって、最初のスケッチが始まり、すべての部品が、三次元の視点にて、モデルプログラムに描かれたとき、概念は現実の物になったのです。外観上、Wyndsor Analog Playerは、既に、Creek AR4ラックで、実績のある、いくつかの部品を採用しています。高さ調整が可能なフィートとダンピングリング。さらに、速度調整用の電源部は、ClassicとDestinyシリーズで、既に定評があります。

黒のアクリルベースには、3本のシルバーフィートに、高さ調整可能なスパイクが、取り付けられています。大型のアクリルプラッターを回転させるには、たった1本、ないし2本でも、問題はありませんが、より素晴らしい安定性を提供する為に、あえて、3本のベルトを使用しています。33 1/3rpmか45rpm、どちらかの回転数の為に、モーター駆動用の電源は、別筐体の速度コントローラ(LP1)から供給されます。さらに、ターンテーブルモーターは、それとの共鳴と発する振動が、性能に影響することから、重いクランパーを以って、スピンドルと水平に、設置されております。 なお、ストロボスコープは、正確な速度設定を、補正する為にも、用意されています。

標準のベース用リングは、23mmですが、他に、2つの異なったサイズ--24mmと25mmも用意。
 

Creek Wyndsor Press Release.pdf


History

This turntable is manufactured to the highest engineering standards and should give you years of trouble free use and musical enjoyment. The Wyndsor turntable and LP1 speed controller have been designed by Mike Creek to celebrate 25 years as a manufacturer of hi-fi equipment. In honour of his father’s electronics business, where Mike served his apprenticeship from 1970-1975, the turntable reflects the family business name, Wyndsor Recording Company Ltd. Bob Creek, Mike’s father, manufactured reel to reel tape recorders in London from 1948-1970 and, among other consumer products, turntables from 1970-1978. Those products were sold under the brand name Wyndsor Recording Company.


Creek Audioの創立者、マイク・クリークは、長い間、レコード再生は、オーディオに於いて、重要な事であると位置づけ、フォノ回路のモジュール、ならびに、フォノ回路が内蔵出来るアンプを、絶えず提供してきました。更に、1993年からは、単体のフォノアンプとして、OBHシリーズを供給してきました。これらCreek Audioの持つ、アナログ再生の卓越した技術を、最大限に発揮させ為にも、Creek Audioが、ターンテーブルを開発するべきであるという考えは、論理的にも、ユザーの要求に沿った、姿であると同時に、完全な、オーディオシステム形成の範疇に、アナログ製品加えるべく、責務がありました。

エレクトロニクスビジネスでは誉れ高き、マイク・クリークの父、ボブ・クリークは、ロンドンで、1948-1970年の22年間は、家業として、Wyndsor Recording Company Ltd. は、リールからのリールの、テープレコーダを製造していました。さらに、1970-1978年には、民生用製品として、ターンテーブルがあります。1970-1975年の、短い彼の見習期間は、今日のマイク・クリークに反映され、今回、Wyndsorターンテーブルの発表への、大きな道筋となっております。



Overview

The Creek Wyndsor turntable shipped from the factory without arm - its versatility allows it to be fitted with the arm of your choice. For photographic purposes we have chosen to use the Rega RB300 and Goldring MM cartridge. The turntable is mounted on the Creek AR4 rack, which not only supports the turntable but also isolates the vibrations that cause feedback. The two products complement each other as similar parts are used on both. The adjustable feet and damping rings are identical.

高品質な材料を使い、金属かアクリルを、最初に削り出す、ずっと前の、2007年の秋、マイク・クリークによって、最初のスケッチが始まり、すべての部品が、三次元の視点にて、モデルプログラムに描かれたとき、概念は現実の物になったのです。概観上、 Wyndsor ターンテーブルは、既に、Creek AR4ラックで、実績のある、いくつかの部品を採用しています。高さ調整が可能なフィートとダンピングリング。さらに、速度調整用の電源は、ClassicとDestiny シリーズで、定評があります。







The black acrylic base is already fitted with the three adjustable silver feet and spikes. Be very careful not to damage anything with the pointed spikes while assembling the table.

黒のアクリルベースには、3本のシルバーフィートに、高さ調整可能なスパイクが、取り付けられています。

The Wyndsor turntable accepts many different tonearms. The adjustment ring fitted is 23mm - however two different sizes are included - 24mm and 25mm. Be sure to use the correct one for your tonearm.

Creek Wyndsorターンテーブルは、本来、取り付けられるトーンアームの選択が、可能なターンテーブルとして、トーンアームなしで発売されます。標準のベース用リングは、23mmですが、他に、2つの異なったサイズ--24mmと25mmも用意されています。

This is the VTA - the vertical tracking adjustment ring. It should be in its uppermost position

シリコンオイルを注入した、特殊なアームべースにて、アームの上下調整が可能、アームへの振動対策は完璧です。



It is possible to run the turntable with only one or two belts. It is however, more stable with all three belts.

大型のアクリルプラッターを回転させるには、たった1本、ないし2本でも、問題はありませんが、より素晴らしい安定性を提供する為に、あえて、3本のベルトを使用しています。さらに、ターンテーブルモーターは、それとの共鳴と発する振動が、性能に影響することから、重いクランパーを以って、スピンドルと水平に、設置されております。















Place the LP1 motor speed controller on a shelf within range of the motor cable. Plug the appropriate mains plug onto the OBH-Uni power supply adaptor for your country of use. Select either 45 or 33.3 RPM from the buttons on the front of the speed controller. Use the stroboscope to set the absolute speed.

33 1/3rpmか45rpm、どちらかの回転数の為に、モーター駆動用の電源は、別筐体の速度コントローラ(LP1)から供給されます。なお、ストロボスコープは、正確な速度設定を、補正する為にも、用意されています。







When playing a record, place the heavy clamp on top of the spindle to flatten the record and stop resonances or vibration from affecting the performance.

LPレコードの再生中の、パーフォンマンスを阻害する、共振と振動を阻止する為に、LPレコードをスピンドルに対し、フラットに固定する重量級のスタビライザーを用意しました。

Wyndsor Turntable & Analog Player は、スプリング構造のプレーヤーとは、一味も二味も異なる、情報ロスの少ない、透明感に優れた、音楽再生を提供することが出来ます。


Specification

Construction Acrylic Base and Acrylic platter
Speed 331/3 RPM and 45 RPM
Drive Unit Low voltage AC synchronous motor
Platter Bearing Inverted ceramic shaft with polished ball
Drive Belts Custom made silicon belts, available from Creek Audio

【Wyndsorターンテーブルの基本仕様】
構造:アクリル製のベースとプラッター
回転数:331/3rpmと45 rpm
ドライブユニット:低電圧の交流同期モーター
プラッターベアリング:セラミックシャフトと鏡面ボール
ドライブブベルト:特注のシリコンベルト
寸法:本体/485W x 335D x 20H(フィート、スパイク含まず)
    コントローラー/192W x 55H x 187D
重量:プラッター/3Kg, 本体/ 3Kg, コントローラー/3Kg

【オプション】
トーンアーム Rega OEM300
対応カートリッジ重量:13gまで





最後に、トーンアームからのRCAプラグを、MMかMCどちらかのカートリッジにマッチングさせる為、適切なフォノプリアンプに差し込むことが必要です。Creek Audioでは、MMならびにMCカートリッジ用の、フォノプリアンプ OBH15+OBH2を製造し、提供しております。







Creek Audio - Pre Press Release -

WYNDSOR turntable £2,000.00
without Catrige

AR4 rack £600.00

2008年7月21日発売



※カートリッジは、付属していません。

CREEK WYNDSOR TURNTABLE

 

MikeCreek has long held the view that vinyl disc reproduction is important to hi-fi reproduction and has always produced amplifiers with the built-in capability to apply this format.  Since 1993, Creek Audio has also produced a range of affordable, stand-alone, OBH-Phono Stages that can extract high definition signals from vinyl discs.  It is therefore logical that Creek Audio should develop a turntable to add to their range of analogue products that would create a complete system for the user. 

During the autumn of 2007MikeCreek sharpened his pencil and drew the first concept sketch of a turntable that would initially suit his own requirements.  Based upon solid engineering practice and using high quality materials, the concept became a reality when all the parts were then drawn in a solid modelling program, allowing a three dimensional view of the product, long before the first piece of metal or acrylic was cut.

Cosmetically, the Wyndsor Turntable uses some component parts already used in the Creek AR4 equipment rack.  The adjustable feet and damping rings are identical to the AR4. The speed adjustable power supply is made to match the Classic and Destiny range.

The Creek Wyndsor turntable is shipped from the factory without arm - its versatility allows it to be fitted with the arm of your choice. The turntable accepts many different tone arms. The adjustment ring fitted is 23mm - however two different sizes are included - 24mm and 25mm. The black acrylic base is fitted with three adjustable silver feet and spikes. The acrylic platter uses three belts - it is possible to run with just one or two, but three provide greater stability.

A separate speed controller (LP1) is supplied allowing you to adjust for either 33 1/3 or 45 rpm. A stroboscope is included to assist in setting the exact speed. There is a switch on the turntable motor which can override the speed controller. In addition, a heavy clamp is provided which should be placed on top of the spindle to flatten the record and stop resonances or vibration from affecting the performance.

It will be necessary to plug the RCA plugs from the tone arm into an appropriate amplifier fitted with a Phono pre-amp, set for either MM or MC cartridge matching. Creek Audio manufactures both moving magnet and moving coil phono pre-amplifiers.

In honour of his father’s electronics business, where Mike served his apprenticeship from 1970-1975, the turntable reflects the family business name, Wyndsor Recording Company Ltd. Bob Creek, Mike’s father, manufactured reel to reel tape recorders in London from 1948-1970 and, among other consumer products, turntables from 1970-1978.

Wyndsor Turntable Specification                                                       

Construction:         Acrylic Base and Acrylic platter

Speed:                 331/3 RPM and45 RPM

Drive
Unit:             Low voltage AC synchronous motor

Platter Bearing:      Inverted ceramic shaft with polished ball

Drive Belts:           Custom made silicon belts

Warranty:             5 years